Home > ダーツ > 【ダーツ】利き目が左で右投げのフォームを考えてみる。

【ダーツ】利き目が左で右投げのフォームを考えてみる。

091123_01
自分の利き目は左、というのはダーツを始めた頃から知っていたのですが最近になってどうもダーツが安定しないと思い、改めて利き目について考えてみました。

利き目が左で右投げを調べてみると、フィル・テイラーがまず挙がります。
フィル・テイラーのフォームはかなり特徴的で左目側で構えてそのままテイクバックしています。
これを違和感なく投げられるようにするにはちょっと無理がありそうです。

そしてもう一人はジョン・パートです。
ジョン・パートは顔を少し右に傾けて左目に構えてテイクバックしています。

SS00045
で、まぁ世界のトッププレイヤーの分析をしていても仕方がないので自分なりに試しているフォームですが。

これまでは「ブル→ダーツ→右目」という感じで構えていましたが、「ブル→ダーツ→左目」を意識したフォームにしています。
文字で書くと簡単ですが、右投げの人が左目に構えるのってほぼ無理です。
利き目が右で右投げの人はテイクバックで右側もしくは顎の下にダーツが向かいますが、利き目が左で右投げの人が真逆の間隔でやろうとしても腕の構造上左側にテイクバックなんてほぼ無理です(笑)
かといってきっちり左目で構え、そのままテイクバックするとダーツが目に刺さります(笑)

なので自分は身体を少し右斜めに倒してダーツのテイクバックも気持ち顔の右下に来るようにしています。
意識的には顎の下にテイクバックというよりは、右の耳にテイクバックするイメージかな?

このフォームで数時間家で投げてみた感想としては、まず投げていて気持ちいということ(笑)
これって今までにない感覚で、すごく腕が振りぬきやすくダーツの矢速も上がった(上げたいとは思っていませんが)気がします。
これはテイクバックが今までよりも自然に、深くできるようになったことによるものじゃないかと思っていますが、気持よく投げられるフォームっていうのに初めて出会ったので楽しく投げられるなぁと。

あとは今までのフォームよりも「狙うぞ、狙うぞ・・!」という感覚があまりいらない感じで、投げた後に自分の腕から放たれるダーツの軌道がものすごく分かりやすいです。
そして投げたときの気持ちよさがハッキリしている分、投げ方のミスも分かりやすい感じです。

ただフォームを変えたばかりということもあり、ぎこちない感じの投げ方になると完全に明後日の方向に飛んでいきます(笑)
まぁこれは投げ慣れていないからなので仕方ありません。

利き目が左で右投げの人はちょっとしたフォーム修正で気持よく投げられる可能性があるかもしれないので、何かの検索でこのブログに辿り着いた人の参考になればと思います。

お気に入りに追加

カテゴリ : ダーツ
タグ :

Return to page top

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://musyoku-sora.net/wp-trackback.php?p=947
Listed below are links to weblogs that reference
【ダーツ】利き目が左で右投げのフォームを考えてみる。 from musyoku-sora.net

Home > ダーツ > 【ダーツ】利き目が左で右投げのフォームを考えてみる。

サイト内検索
Count per Day
  • 11520現在の記事:
  • 286263総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 84昨日の閲覧数:
  • 677先週の閲覧数:
  • 217700総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 64昨日の訪問者数:
  • 578先週の訪問者数:
  • 2013年6月7日カウント開始日:
スポンサードリンク
スポンサードリンク