Home > ゲーム | ダーツ > ダーツにハマりすぎて?ついにダーツボードまで買ってしまった!

ダーツにハマりすぎて?ついにダーツボードまで買ってしまった!


マイダーツを購入した翌日から、毎日ダーツをしに行っていたんですが、その間にネットで色々見ているうちに見つけたのがこのダーツライブのダーツボードである、ダーツライブ100Sです。
値段的にはダーツボードの中ではトップクラスなのですが、やはりお値段がトップクラスだけあって、買って良かった!かもしれないという面があったので、その辺のレビュー的なものを書いていきたいと思っています。



YouTubeにレビュー動画を上げてみました!
実際に投げている様子など、チャンネルの方に上げているので良かったら見てみてください。
※チャンネル登録なんてしてくれると嬉しいです(笑)

設置から半年後の感想・レビューはこちらの記事に書いています

まずはダーツライブ100Sの特徴を簡単に書いていきます。

①ボードのサイズは世界標準の15.5インチ
②ダーツが刺さった時の音を消音材で極力カット
③全11ゲームの種類に合わせた得点計算機能
④ダーツライブ筺体のサウンドをアレンジでの再現

といったところでしょうか。

こういったダーツボードを購入する上でたぶん一番気になるのは②の消音性なのかなぁと思うのですが、私はダーツライブ100S以外のダーツボードを試したことがないのでなんとも言えませんが、こんなもんかなーといったレベルです。
ちなみにサウンド機能はOFFにできるので問題はないと思います。

そして肝心の本体の設置方法ですが、これがダーツボードを家に導入する際の一番ネックな部分かと思います。
ネットで見ていると、専用のダーツボードスタンドもしくは壁に穴を開けてネジでの固定といったものが主流です。

しかし私の場合はクローゼットの壁に両面テープのフックを4個付けて、ダーツライブ100Sを取り付けています(笑)
これは本体落下の恐怖と隣合わせですのでオススメはしませんが、簡単手軽にダーツライブ100Sを家庭に導入するには非常に良いと思います。
ちなみにダーツライブ100Sの本体重量は3.2kg程度なので、両面テープフックの荷重量が1kgのものであれば4点で支えるため理論上は問題ない?のではないかと思います(笑)
ただ、両面テープなのでいずれは剥がれてしまうかと思いますので、最初に強力なタイプの両面テープに変えてしまうのも一つの手ですね。
また、私はそうなんですが、プレイしないときは当然本体を取り外しています。

今のところはガタつくことなくプレイもできていますし、これはヤバそうだ。。という感じになるまではこの方法でプレイをしていきたいと思っています。
しかし、毎日家で投げられるというのはやはりいいもので、ネットでちょっと調べて参考にしたい投げ方などを見つけたらすぐに試せますし、これからはマイダーツ、マイボードの時代だな!と思わされました(笑)

ちなみにダーツライブ100Sはダーツハイブもしくは全国のドンキホーテ限定のようですので、手軽に購入できるネットで購入してしまうのが良いかもしれませんね。


お気に入りに追加

カテゴリ : ゲーム ダーツ
タグ :

Return to page top

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://musyoku-sora.net/wp-trackback.php?p=778
Listed below are links to weblogs that reference
ダーツにハマりすぎて?ついにダーツボードまで買ってしまった! from musyoku-sora.net

Home > ゲーム | ダーツ > ダーツにハマりすぎて?ついにダーツボードまで買ってしまった!

サイト内検索
Count per Day
  • 7752現在の記事:
  • 286263総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 84昨日の閲覧数:
  • 677先週の閲覧数:
  • 217700総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 64昨日の訪問者数:
  • 578先週の訪問者数:
  • 2013年6月7日カウント開始日:
スポンサードリンク
スポンサードリンク