Home > アクセサリ | デジタルカメラ | レンズ > デジタル一眼、交換レンズのクリーニングを考えてみた。

デジタル一眼、交換レンズのクリーニングを考えてみた。


もはや私はデジカメのことが素人なんじゃないか?という(素人みたいなもんですけど)ことで、デジタル一眼を買ってから初めてレンズのクリーニングについて調べてみました。

今日はそんなお話です。
素人すぎるのでどうしようもないお話です!


まず、最初に調べ始めた時に見つけたのがこのNikon クリーニングキットプロです。
やっぱ初心者向けならメーカーのキットだよね!ってことで見つけたんですけど、そもそも私はCanonユーザーです。
でもレンズのお手入れはメーカーを越えるわけです。
なので買おうかと思ったら思った以上に高い。。

ってことでパス。

して、ビックカメラで見つけたHAKUBAの安物クリーニングセットを購入したんですけど、これがダメっていうことにも辿り着きました。。
なにがダメって、それに付いてるクリーニング液がダメらしい。


ということで更に調べてみると、このオリンパスのハイパークリーンってのが良いとのこと。
で、これを吹きかけてレンズを磨く紙?布?(Nikonだとシルボン紙)が、これまた色々あるようで。。

HAKUBAの安物クリーニングセットにも付いていたクリーニングペーパーが薄っぺらすぎてどうも好きになれないと思って調べていると、無印良品のメガネ拭きが良さそうとの情報も得たものの、それも発売時期によって良い物とそうでないものがあるとかないとか。


このキムワイプの布が良いとかっていう話もあったり。
そういえば実家に何故か置いてあって、見覚えあるなとか思ったり。

でもキムワイプよりこっちのケイドライの方が良さそうだなーとか思ったりしつつ、とりあえずオリンパスのハイパークリーンを買って、無印良品のメガネ拭きをゲットしてみようと思って、今日ビックカメラに行ってきました。

そしたらオリンパスのハイパークリーンが売ってない。。(笑)


ってことで、調べてるときに中々良いよ!って書いてあったHAKUBAのレンズペンを結局買ってきました(笑)
早速クリーニングをしてみると、これが思った以上に綺麗になる!
初めにフィルターで試してからやってみたんですが、かなり手軽にクリーニングができて、かなり手軽に綺麗にできてしまう素敵なアイテムかなと思います。

今までHAKUBAのやっすいクリーニングキットについていたしょぼいブロアーしか持ってなかったので、ついでにでかめのこいつも買ってきました。
かなり風量が違くてビックリ。。
こいつはシリコンゴムなんですが、どうやら天然ゴムだと内部がひび割れを起こして、吹きかけているうちに劣化したゴムが飛び出てくるみたいです。
なので、シリコンゴム製のこいつを買ってきました。

とりあえずハクバのレンズペンは手頃な値段でかなり綺麗になる、加えて一日5~6回の使用で約半年、さらにスペアが付いてきますし。
良いんじゃないでしょうかねぇ?てか、プロのカメラマンでヘビーにカメラを使わない限り一日5~6回も使わないだろ。。

と、思いつつ、今回はレンズのクリーニングについて色々書いてみましたっ。
ちなみに私が買ったレンズペンはクリーニング部分がレギュラーサイズのようなんですが、コンデジのような小さいレンズだとかなりクリーニングしづらいので、コンデジも視野にいれるなら小さいサイズの方が良いかもしれませんね。


お気に入りに追加

カテゴリ : アクセサリ デジタルカメラ レンズ
タグ :

Return to page top

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://musyoku-sora.net/wp-trackback.php?p=697
Listed below are links to weblogs that reference
デジタル一眼、交換レンズのクリーニングを考えてみた。 from musyoku-sora.net

Home > アクセサリ | デジタルカメラ | レンズ > デジタル一眼、交換レンズのクリーニングを考えてみた。

サイト内検索
Count per Day
スポンサードリンク
スポンサードリンク