Home > Android | スマートフォン | レビュー | 雑感 > Xperia rayをお触りしてみた感想なんかを簡単に書いてみます。

Xperia rayをお触りしてみた感想なんかを簡単に書いてみます。


ついにお触り環境を手に入れたので、セットアップがてらちょいちょい触ったので感想なんかを書いてみようと思います。

やはりXperia rayの魅力はコンパクトさだなぁと感じます。
女性の手には勿論ですが、私のように手が小さい男性には特に良い感じで馴染みます。

そしてコンパクトさを引き立てる端末デザインも素晴らしいなぁと。
今回はゴールドを彼女がチョイスしていましたが、このゴールドはXperia rayにバッチリ合いますね。
形状的にはよくあるスマートフォンの形ですが、ホームボタンがクレッセントラインと呼ばれる形になっているため、クレッセントライン部分がぼんやり光る感じもまた良いです。

Xperia rayはそのコンパクトさが故に画面サイズは小さくなってしまいますが、ちょっと触ってみた感じだと気にならないなーと。
画面解像度が854×480で、これはXperia acroとも同じ解像度にも関わらず、画面サイズが小さい分高精細に見えるような感じ。
さらにWebやアプリの文字が見づらいかも?と思っていた部分も全然気にならないし、常用するのにまったく問題ないと私は思います。

アプリ起動やホーム画面のフリック追従もサクサクと動きますが、タッチしたときの反応が少し気になるかな?と感じましたが、画面サイズが大きい端末しか使って来なかったから感じる部分なのかもしれません。
動作自体は非常にスムーズです。
ちなみに過去の記事でAndroid 2.3端末であるGalaxy S2でAndroid 4.0の気分を味わう(参照記事)という記事を書きましたが、早速Xperia rayにも入れてみました。
するとホーム画面もさらにサクサクになり、ホーム画面のカスタマイズもできるので良い感じ、なのでそのまま彼女に使わせています。
なにがいいかってADW.Launcherを入れると、ホーム画面を下方向にスワイプすると通知バーを下ろせるように設定ができるところ。
これ純正でも採用しないかなぁ。

良いところばかり書いていますが、Xperia rayの弱点はストレージかな、と。
Android 2.2あたりからSDカードにアプリを移せるようになっていますが、全てのアプリを移せるわけではないのでガッツリとアプリを入れまくるぜ!っていう人にはちょっと辛いかも。
SDカードを入れれば音楽や動画といった部分は問題ないにしろ、やはり1GBは心もとないですね。

とはいえ、Xperia rayはdocomoからであれば実質0円で購入ができるようになっているので、初めてスマートフォンを買う人には非常にオススメできる端末になっているんじゃないかなぁと思います。

個人的にも欲しい端末ではありますが、既に2012年の秋~冬頃にXperia rayの後継機がでるという噂もありますし、Xperia rayのようなコンパクトな端末が2012年4月頃にでるという噂もあるため、買うならこちらの端末かなーと。

最後にこれだけべた褒めしてあれですが、Xperia rayは素敵デザインな素敵端末だと思いますが、スマートフォンの画面サイズでベストなのは3.7インチだなぁとも思わされました。
Nexus Oneと同じコンセプトでGoogleが作ってくれないかな(笑)

お気に入りに追加

カテゴリ : Android スマートフォン レビュー 雑感
タグ :

Return to page top

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://musyoku-sora.net/wp-trackback.php?p=566
Listed below are links to weblogs that reference
Xperia rayをお触りしてみた感想なんかを簡単に書いてみます。 from musyoku-sora.net

Home > Android | スマートフォン | レビュー | 雑感 > Xperia rayをお触りしてみた感想なんかを簡単に書いてみます。

サイト内検索
Count per Day
  • 264現在の記事:
  • 305616総閲覧数:
  • 51今日の閲覧数:
  • 77昨日の閲覧数:
  • 454先週の閲覧数:
  • 233054総訪問者数:
  • 47今日の訪問者数:
  • 66昨日の訪問者数:
  • 394先週の訪問者数:
  • 2013年6月7日カウント開始日:
スポンサードリンク
スポンサードリンク